オーナー本位の考え方で
2002.10.31
人を満足させるコツ





どの企業の社員も、会社を設けさせることを目標に全力を尽くします。その会社への忠誠心は素晴らしいことですし、間違っているとは思いません。しかし、どうすればどうすれば企業の利益になるのでしょうか。お客様を企業の企画や考え方にはめ込むことによってですか。マニュアルどおりに仕事を行なうことですか?いいえ、本当に望ましいのは、お客様、マンションを建てるのであればオーナーさんが何を願っているか、何をしたいと思っていらっしゃるか、それを汲み取ってオーナーさん本位に考えることなのです。


たとえば、オーナーさんは、ここをこうしたいと思っているとしましょう。企業側は、それを行なうと余分な作業をしなければならないし、予定通り行なうのが難しいから別の提案をする、オーナーは妥協してくれるかもしれない、でも、本当はこうしたかったのに、という気持ちはずっと残ります。そうするとたったそれだけのことで、次に建てる時はもっと希望を呑んでくれるところを探そうとか、他の人にはこの会社は紹介できないな、などと考えてしまうことでしょう。なんともったいないことでしょう。



やはり、企業はお客様の方を向いていなければならないのです。そうしないと一時は利益をあげられるかもしれませんが、長続きしません。人に、お客様に満足していただくには、自分がお客様の立場だったらどうするだろう、と、いつもお客様本位の考え方をすることが必要不可欠なのです。