4月の取材で
2001.04.27
アメリカのリノヴェーション

画像1



このビルを良く見てください。
実は、このビルの窓枠や壁面はすべて絵でできているのです。言うなればトリックアートの一種というところでしょうか。
でも、パッと見ると本物に見えてしまうのがすごいところです。
無駄なコストをかけずに古いビルを再生するひとつの手法といえるかもしれません。いかにもジョーク好きのアメリカ人らしい手段です。
画像2



これと同じことを日本でも行えるかもしれません。もちろんまったく同じことをするつもりはありませんが、建物の表面部分を描いてしまうという手法は日本でも応用できると思うのです。今回の取材も実りあるものでした。